鈴蘭 スズラン

ニホンスズラン(Convallaria keiskei MIQ./Convallaria majalis var. keiskei)
比較的小型で花は葉よりも低い位置で葉の影に隠れるように咲く。
ドイツスズラン(Convallaria majalis L.)
比較的大型で花は葉と同じかそれより高い位置で葉の上に花が見える感じで咲く。あと香りも強い。

スズラン

育て方

土質
排水性と通気性の良い、有機質を多く含んだ土。
基本的に土質は選ばないらしいが、有機質の多いやや酸性の土壌を好むようなので、 腐葉土混ぜたり鹿沼足したりして適当に調整する。 市販の山野草土あまりと花と野菜の土あまり混合で恙無く成長中。
植付け・植替え
休眠期に入る11月頃に株分けもかねて植え替える。
地上部の葉が枯れてしまった頃に植え替える。 新しい芽は枯れ葉に包まるような形で根元の内側にあるので、植え替えなどの時に新芽を傷つけないように、 枯葉やゴミはそっと除く。
スズランの葉と蕾
◆4月中ごろ。花芽と葉。

日照・環境
午前中のみ日照のある半日陰の涼しい場所。
暑さに弱いので、真夏の直射日光や西日の当たらない風通しの良い場所が良い。
日陰だと花が咲かなかったり生育が悪くなる。最悪消えてなくなる場合もあり。
木の陰の木漏れ日が当たるような場所などで管理する。
斑入り鈴蘭の芽
◆4月初旬の芽 葉と蕾の素が見える。
水遣り
表土が乾いたらたっぷりと。
斑入り鈴蘭
◆4月中ごろ、斑入り。
肥料
花後のお礼肥として1~2ヶ月程度薄めの液肥又は軽く置肥を施す。
花後の肥料をやると株が太って次の年の花の付き方がよくなる。 秋や冬に肥料を与えてもあまり効果が無いのでいらない。また多肥にすると花が咲き難くなる。
害虫・病気
特になさそう。
その他
日本では東日本以北に自生しているので耐寒性は十分だが夏の暑さに弱い。
鈴蘭の若い実
◆5月中旬頃、実が出来てた。
株分け
スズランの株分け 花芽が根に形成されているので、4~5芽づつ(各花芽が入る様に)にカットして植えつける。

花芽はぷっくりと大きく膨らんでいる。葉芽は小さめで細長いので、頑張って見分けよう。
植え替え
スズランの植え替え 芽ひとつに地下茎10cm位の割合で根っこを残し、15cm間隔位で植え付ける。

植え付ける際は芽の頭が少し出る程度の深さに。

地植えの場合は3~4年に1回、鉢植えの場合は1~2年毎に株分け、植え替えをする。

鉢植えの場合は少し大きすぎるかと思うくらいの大きさの鉢でも根張りが旺盛なので大丈夫。


すずらん スズラン 鈴蘭 苗 鉢 ガーデニング