Datura metel L./ダチュラ


datura La Fleur Lilac
◆La Fleur Lilac

育て方

土質
柔らかく良く肥えた水はけ、水もちの良い土。
近種のブルグマンシアと共に、種類によっては日本の暖地で自生したりしているようなので、 土質に関しては然程気にしなくても良さそう。普通の培養土や野菜の土など。 連作を嫌うので、ナス科の植物を育てたことが無い土を用意する。
種蒔き
5月以降の十分気温が上がった時期に蒔き、5mm程覆土して乾かさない様に管理。
種が朝顔の種を平べったくしたような形と大きさで皮が硬そうなので、朝顔にやるみたいに皮にちょっと傷を入れるとか、 紙やすりで薄くこそげるなどの処理をした方が良い。 処理後一晩水につけてから播種するとかもしたほうがいいかも。 移植を嫌うので、直接鉢に蒔いた方が無難。発芽には半月以上かかるので、乾かさない様に気をつけたい。
ダチュラの双葉
◆発芽間もないダチュラの双葉。いかにもナス科っぽい。
日照
日当たりが良く暖かい、風通しの良い場所。
基本的に暑い地方の植物なので、日当たりと温度は注意したい。風通しは適度にあった方がいい気がする。
日照の良い場所だと丈の詰まったしっかりした株になるが、日当たりが悪い場所だと生育が悪く、 徒長気味の貧弱な株になるので、できるだけ日当たりの良い場所で管理する。
ダチュラ苗
◆本葉5枚くらいで10号菊鉢に定植。
水遣り
表土が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷりと。
熱帯~インド原産の植物なので、乾燥にはやや強いと思われるが、 生長が旺盛な植物なので水切れしないように気をつけたほうが良いと思う。
葉が繁る盛夏時は朝夕2回水遣りしても足りない位水を吸うので、切らさないように。
肥料
成長期には切らさないように与える。
5月中~末の温度が上がる時期から急成長し始めるので、成長期は切らさないように適宜与える。
ダチュラ果実 ダチュラ種
◆La Fleur Lilacの果実。熟すと自然に開いて種子を蒔く。
害虫・病気
アブラムシ、ナメクジ、ニジュウヤホシに集られる。ホコリダニやウィルス病にも注意。
ナス科に集る虫と病気と同じ顔ぶれ。
特に梅雨前~梅雨時期にかけてはアブラムシの食害や病気が酷い気がする。
その他
大きくなると葉の重みで撓んだり倒れやすくなるので、支柱を立ててやる。花後の種子で増える。
Datura metel L.(チョウセンアサガオ)
インド原産の一年草。華岡青洲が麻酔薬の原料に使ったのはこの種だと言われる。
Datura ferox L.(ツノミチョウセンアサガオ)
熱帯アメリカ原産の一年草。草丈約1mで葉や葉柄に毛が生えてる。 花色は白系で、花冠は五つに分かれる。葉は卵形でザクザクした鋸歯。 果実の形は卵形で、トゲが太くて長い。
Datura stramonium L. var. stramonium(シロバナヨウシュチョウセンアサガオ)
葉には浅い切れ込みがあり花は白。果実は卵形で不揃いのトゲが生える。 種子の色は黒。トゲトゲの実が面白いので「イガナス」等の名称で花材に用いられたりする。 日本で結構野生化してるらしい。 チョウセンアサガオ(Datura Metel L.)との見分け方は、果実の形(Datura Metelは球形、Datura stramoniumは卵形)と 種子の色(Metelは白っぽく淡い褐色でstramoniumは黒)
Datura tatula(Datura stramonium var. tatula)(ヨウシュチョウセンアサガオ/フジイロマンダラゲ)
stramoniumの花色が違うやつ。淡い藤色の花が咲く。T&M社のLa Fleur Lilacとかはここら辺じゃ無いかと思う。
Datura stramonium L. var. inermis (Juss. ex Jacq.) Schinz & Thell. (ハリナシチョウセンアサガオ)
実にトゲがない。
Datura meteloides Dunal(アメリカチョウセンアサガオ)
北アメリカ原産。茎や葉の下面に微細な毛が生えてる。花はアサガオに似た白く大きな花で、 ヨウシュチョウセンアサガオよりも大きく直径10cm以上にもなる。観賞用に多く栽培される。 某T&M社ですが、サイトとかにはDatura Ballerinaや Datura Double~の種子情報にDatura metelとあって、 種袋の裏にはDatura meteloides って書いてありました。園芸品種は姿形が重要で、それ以外はあまり重要でない様子。 Datura wrightii Regelと同じものなのか違うのかわかりませんがとりあえず。
Datura inoxia Mill.(ケチョウセンアサガオ)
葉や茎に毛が生えてて、果実にはトゲがある。花冠には10個の突起。 アメリカチョウセンアサガオ=ケチョウセンアサガオだとする記述も多い。どうなんでしょう?
Datura wrightii Regel(アメリカチョウセンアサガオ/ケチョウセンアサガオ)
多年草で葉や茎に毛が生えてる。花冠には5つの突起がついてる。Datura inoxiaとの違いは花冠の突起の数とからしい。
Datura fastuosa L.(ヤエチョウセンアサガオ)
Datura metelの園芸品種? 八重の花が咲く。バレリーナなんちゃら とか、なんちゃら(色名)クィーンとかの 品種名のやつはこれとのこと。Datura metelなのかDatura meteloidesなのかもうよくわかりません。色は紫やイエローなど色々。


チョウセンアサガオ ダチュラ エンゼルトランペット 毒草 薬草 苗 花 ガーデニング 華岡青洲