Aconitum /鳥兜


Aconitum spp/鳥兜
◆トリカブトの花

育て方

土質
水はけが良く良く肥えたやや湿り気のある土。
赤玉土4:腐葉土3:砂3の割合、又は山野草の用土など。 普通に全国各地にある山草なので、水はけに気をつければ大体何とかなるんではないかと思う。
植付け
冬の地上部が枯れた頃から早春の新芽が出だす前頃まで。
暑さに弱い植物なので、夏季の温度が上がっている時期や、秋の花が付いている時期を外したほうが株に負担がかからない。 ポット苗を植えつける場合は、土を崩さないように植えつける。 鉢植えの場合、4~5号鉢に塊根ひとつ、又は6号鉢に塊根3個程度を植えつけ、 株分けは2年に一度程度、地上部が完全に枯れた晩秋~冬に行う。
トリカブト新芽 トリカブト新芽
春先、出だしの新芽。
日照、環境
直射日光、直風の当たらない明るく涼しい場所で管理する。
自生地では木漏れ日が当たる程度の日照場所で群生しているので、それに近い環境を用意してやる。 寒冷地に多く自生する植物なので、冷涼な気候を好む。 暑さに弱く、夏暑い地域だと枯れたり花色が薄くなったりする。
水遣り
表土が乾く直前に鉢底から流れ出るまでたっぷりと。
やや湿った環境を好むので、土が乾燥しない状態を維持する。 乾燥も嫌いだが、多湿で常にびしょびしょなのも嫌いで、用土の水はけが悪いと根腐れる。 水はけの良い土必須。
肥料
早春の出芽時期から7月の蕾が付く頃まで、少量の肥料を適宜与える。
トリカブト若葉
丁度桜が満開の頃。
害虫、病気
不明(特に無さそう)
その他
鉢が小さかったり日照が少ないと徒長してヒョロヒョロしてくるので、支柱が必要になるかもしれない。
Aconitum spp/鳥兜
◆シロバナトリカブト。花は9月頃から咲き始めた


トリカブト 鳥兜 附子 山野草 苗 種 毒草 薬草 ガーデニング 能 狂言